プロフィール

崎津駐在所

Author:崎津駐在所
駐在所活動を紹介し、地域にとけ込んだ活動ができればと思っています。
よろしくお願い致します。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR

富津地区の豊作・豊漁を祈願して

 11月に、富津地区の崎津・今富のお宮で、それぞれ祈願祭が執り行われました。
 11月1日(日)には、『今富十五社宮の秋季祈願祭』が執り行われました。
IMGP4698.jpg
  ↑ 今富十五社宮で神事が執り行われ・・・
IMGP4704.jpg
  ↑ 行列行程をお清めして・・・
IMGP4708.jpg
  ↑ 御輿行列の出発です
 御輿行列は、今富十五社宮を出発したあと、富津地区の志茂区・西河内区・大川内区を行列しました。IMGP4700_20151204105851eb8.jpg
  ↑ ボクたちも、行列に参加します!

 また、11月23日(月)の勤労感謝の日には、『崎津諏訪宮の例大祭』が執り行われました。
IMGP4768.jpg
  ↑ 崎津諏訪宮で神事が執り行われ・・・
IMGP4779.jpg

IMGP4781.jpg
  ↑ 御輿行列の出発です!
IMGP4787.jpg
  ↑ 沿岸道路での御輿行列の様子
IMGP4790.jpg
  ↑ 漁協崎津支所前での祈祷の様子
IMGP4794.jpg
  ↑ 崎津教会前での行列の様子
IMGP4796.jpg
  ↑ 崎津諏訪宮前交差点での御輿行列の様子
 御輿行列は、崎津諏訪宮を出発したあと、富津地区の下町区・中町区・船津区・向江区を行列しました。
 また、崎津諏訪宮の例大祭の日は、3連休ということもあり、多くの観光客の方々も見物されていました。

 どちらの祈願祭も、参加された地区の方々の「地区愛」と言うのでしょうか、自分が住んでいる地区に対する愛情を感じました。
 私は、どちらの祈願祭も、交通整理などの業務に従事しましたが、神事や御輿行列を見ていて、正直、今すぐにでも制服を脱ぎ捨てて参加したい!という気持ちになりました。
 私の地元も、私が小学生のころは祭や御輿行列が行われていましたが、子どもや若者が少なくなり、それらを行わなくなって数十年になります。
 そのとき以来に「地元の祭」に携わった訳ですが、正直、参加された方々を羨ましく思いました。

 これで、来年も富津地区の豊作・豊漁は間違いなし!!
 これからの将来もずっと続けていって欲しいものです。
 ちなみに、
今富十五社宮の秋季祈願祭は毎年11月の最初の日曜日
崎津諏訪宮の例大祭は毎年11月23日
 に執り行われます。

富津地区 地域防災訓練について

 11月15日(日)、富津地区コミュニティセンター駐車場で、地域防災訓練が実施されました。
 今回は、天草広域連合中央消防署河浦分署の山田さんの指導の下、消火器の取り扱い方法や初期消火訓練、AEDの使用方法などについて説明がありました。
IMGP4740.jpg
 訓練では、
◆消火器で消火できる火災は、初期段階の火災
  (小さな火種の消火)だけ
◆消火器が使用できる時間は、わずか15秒ほど
◆15秒以内で、逃げ道を確保した上で、
  消火器を使う
◆火を消せなくても、意地になって消そうとせず、
  その時は逃げる
◆底が錆びている消火器は、使わずに交換する
  ⇒ 底が抜けて怪我をする

など、いろいろと指導していただきました。
 また、AEDについては、崎津集落の世界遺産登録に関連し、増加配分の予定だということでした。
 訓練でも言われていましたが、火災になって最終的に大事なものは、
  『何もかもを投げ捨てて逃げる勇気』
で、これは、
  『何よりも、まずは命、生きていることが大事』
だということです。
 火災に限らず、地震や津波など、災害全般について当てはまることだと思います。
 「何事もない」ことが一番ですが、「防災意識」、有事の際の対応を考えておくと、いいかもしれませんね。
 文字通り、「防災意識」を確認する、良い機会となりました。

| ホーム |


 ホーム