プロフィール

崎津駐在所

Author:崎津駐在所
駐在所活動を紹介し、地域にとけ込んだ活動ができればと思っています。
よろしくお願い致します。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR

交通事故防止と秋の全国交通安全運動

厳しい残暑が続いていますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
さて、熊本県下では、交通事故が毎日発生しており、交通事故により亡くなられる方も後を絶たない状況です。
〇熊本県下の交通事故情勢(8月9日現在)
・発生状況
 発生件数 3,893件
 死者数      47人
 負傷者数  4,990人
・交通事故死者の年齢・状態
 死者47人のうち、高齢者が31人
 死者47人のうち、夜間の交通事故の死者が23人
 死者47人のうち、自動車乗車中が18人
・最多は、「歩行中の75歳以上の高齢者」で、16人

崎津駐在所がある、牛深警察署管内の交通事故情勢はどうでしょうか?
〇牛深警察署管内の交通事故情勢(8月9日現在)
・死亡交通事故 0件
・人身交通事故 9件
 ※午前7時から午後6時の間に多く発生
 ※ほとんどが「ちょっとした不注意」が原因
・物損交通事故 137件
〇崎津駐在所管内(富津地区)の交通事故情勢(8月9日現在)
・人身交通事故 0件
・物損交通事故 4件
※交通事故数は少ないものの、崎津教会の世界遺産登録を控え、富津地区の道路環境(道幅が狭いなど)や観光客車両の増加により、交通事故についても増加が見込まれる

先般、熊本県警本部の交通企画課という部署にある、交通事故の発生原因などを専門的に分析する係りの「交通事故分析官」という人と話をする機会がありました。
交通事故分析官の話では、交通事故については、
〇1分弱に1件、人身交通事故が発生している
〇2時間に1人が、交通事故で死亡している
〇45分に1人が、人身交通事故で怪我をしている

という状況とのことでした。
交通事故の原因として、
①安全運転義務違反(ちょっとした不注意、わき見、「…だろう」という油断)
②速度超過(スピードの出し過ぎ)

が特に多いそうです。
また、交通事故については「ハインリッヒの法則」というものがあって、これはどういうことかと言うと、
〇1件の重大交通事故の過程には、
〇29件の軽微な交通事故が発生しており、
〇その過程には、300件の「ヒヤリ」「ハッと」するような怖い経験が発生している

というものです。
要するに、ちょっとした油断・不注意や漫然によって交通事故が発生してしまい、その程度が大きかったり日常的になってしまうと、重大な交通事故に発展してしまう、ということです。
では、万が一、交通事故を起こした・遭遇した場合はどうすれば…
※交通事故が発生
⇒ ①直ちに車両等の運転を中止する ⇒ ②負傷者を救護する、道路における危険を防止する、警察に報告する

これは、道路交通法第72条に規定されていて、もしこの措置を怠った場合、処罰されます。
一番いいのは交通事故を起こさないことなのですが、そのためには、どんなことが大切なのでしょうか?
大切なことはたくさんありますが、
①速度に注意!
②右、左、右後ろ、左後ろをよく確認!
③車両だけでなく、横断者などの歩行者などにも、ゆずりあい!
④自分の年齢や性格、運転車両の特性、気象状況、道路環境を、よく知る!
⑤交通法規や交通ルールを守る!

の5点を注意しておけば、交通事故が起きる可能性はゼロに近づきます。
みなさん、思い出してやってみて下さい、ご自身が運転免許を取得しようと自動車学校でやっていた「右よし!」「左よし!」という、あの運転です。
「そぎゃ~んと、今さら、出来るもんかいた」と言っているあなた!、だまされたと思ってやってみて下さい。意外や意外、いつもより目的地まで楽に運転できた、いつもより体がよく動く…なんてことがあるかもしれません。
車やバイク、自転車などは、生活のうえで非常に便利な乗り物ですし、趣味のうえでも非常に楽しい乗り物です。
しかし、忘れてはいけません。
その車両を使う人、運転する人の乗り方一つで、その便利な楽しい乗り物が、殺人凶器に変わってしまいます。
交通事故で愛する人を失った人の心は、何をどう償っても、決して癒されることはありません。
みなさん、安全運転で、カーライフを楽しみましょう!
※秋の全国交通安全運動
〇期間
平成27年9月21日(月)から9月30日(水)までの10日間
〇目的
広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図る。
〇重点等
・運動の基本
子供と高齢者の交通事故防止
・重点
①夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)
②後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
③飲酒運転の根絶

IMGP4569.jpg

<< 中秋の名月が教えてくれた防災意識 | ホーム | 第27回教会の見える崎津みなとのフェスティバル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム