プロフィール

崎津駐在所

Author:崎津駐在所
駐在所活動を紹介し、地域にとけ込んだ活動ができればと思っています。
よろしくお願い致します。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

『春の全国交通安全運動』実施中!

 桜の花も満開を迎え、新年度の門出を華やかに迎えられたことと思います。
 熊本県警察も春の人事異動があり、牛深警察署も新たな顔ぶれとなりました。
 私は異動なく、引き続き崎津駐在所で勤務しますが、新年度を迎えて新体制となり、気持ち新たに業務を推進して参ります。よろしくお願いいたします。
 さて、早速ですが、現在『春の全国交通安全運動』が実施中です。
IMGP4991.jpg
IMGP4997.jpg
 概要などは、次のとおりです。
第1 目的
   春は、新入学シーズンを迎え、交通社会に仲間入りした新入学児童の交通事故、
  被害が懸念されます。
   また、高齢者が関係する交通事故も依然として多発しており、子どもや高齢者を
  交通事故から守る対策の強化が求められています。
   そこで、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正し
  い交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善
  に向けた取り組みを推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的に
  実施されます。
第2 期間等
   1 平成28年4月6日(水)から4月15日(金)までの10日間
   2 交通事故ゼロを目指す日 4月10日(日)
第3 主唱
   熊本県交通安全推進連盟
第4 運動重点等
   1 運動の基本
     子どもと高齢者の交通事故防止
     ~交通事故による死者の半数以上が高齢者です~
      交通事故による死者の半数以上が高齢者で、幼児や児童は通園・通学時に
     事故に遭うことが多く報告されています。
      思いやりのある運転とともに、子どもと高齢者本人が危険について知ることが重要です。
2 運動の重点
   〇 自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則の周知徹底)
      ~自転車安全利用五則~
      ①自転車は、車道が原則、歩道は例外
      ②車道は左側を通行
      ③歩道は歩行者優先で、車道寄りを通行
      ④安全ルールを守る
       ・飲酒運転、二人乗り、並進の禁止 ・夜間はライトを点灯
       ・交差点での信号遵守と一時停止、安全確認
      ⑤子どもはヘルメットを着用
〇 後部席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
   ~どこに座っても必ず着用~
   後部座席を含めてどの座席でも必ずシートベルトを着用し、6歳未満の幼児はチャイルドシートを
  使用しましょう。
〇 飲酒運転の根絶
   ~お酒を飲んだら、絶対に運転はしない~
    わずかなお酒でも、運動能力、判断力、注意力を鈍らせるおそれがあり、「ちょっとだけ」の軽い
   気持ちが重大事故に繋がります。
    飲酒運転を「しない、させない、許さない」環境をつくりましょう。


 今年に入ってからの、崎津駐在所管内の富津地区での交通事故の状況は、
   〇人身交通事故 0件   〇物損交通事故 1件
で、比較的平和な日々が続いていると言えると思います。
 しかし先日、隣の天草警察署管内では、片側1車線の緩やかなカーブが続く道路で、車同士の正面衝突の交通事故が発生し、一人の方が亡くなられました
 牛深警察署管内、崎津駐在所管内にも、この交通事故が発生した道路状況と似たような道路があり、いつ、誰が、同じような交通事故に巻き込まれても、おかしくはないと言えます。
 交通事故の防止策として、
   〇運転するときは、運転に集中する
   〇どの席に座っても、シートベルト・チャイルドシートを必ずする
   〇スピードの出し過ぎに注意する

ことがあげられます。
 私が天草地方に住み始めて1年が経ちますが、ドライバーの印象として、
   〇規制最高速度は分かってはいるが、気にしていない
   〇前を走る車やバイクとの車間距離が、非常に近い
   〇原付以外のバイクも、追い越していいものと思い込んでいる

ように感じます。
 はっきり言います。どんなにイライラしても、どんなにスピードを出して飛ばしても、日本の道路環境や交通事情では、目的地への到着時間が早くなるということは、ありません。これは天草地方だけでなく、日本全国、どこでも同じです。
 この交通安全運動期間中、今一度、交通ルール、交通マナー、交通教則など、見返してみるいい機会かもしれませんよ。
 富津地区へお越しの際は、交通ルールを守り、余裕を持った運転で交通事故がないようにして、世界遺産登録を目指す美しい景観群をお楽しみください。

<< 熊本、がんばるバイ! | ホーム | 「天草崎津 春まつり」の開催について >>


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム